永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

レーザーによる永久脱毛を行なっても病気や皮膚ガンになってしまう心配はないと日本医学脱毛協会でも発表されています。これは紫外線とは違い、医療レーザー脱毛に使われているレーザーが赤外線に近い物なので皮膚ガンになってしまう事はないからです。ただ、副作用による肌トラブルや火傷といった症状もないとは言い切れないのでカウンセリングでしっかりと説明を受けて、自分の納得のいく医療機関で永久脱毛を行なうのが良いでしょう。

永久脱毛による副作用

永久脱毛の副作用と言われるものは、施術後に発生する赤み、火傷、毛膿炎、ニキビなどです。
これらの症状は一時的なものであり、炎症は次第に回復していくはずです。
肌ケアを入念に行っていれば早期に回復するので、日焼けなどしないように注意してください。
最近は低刺激で高い効果が期待できるクリニックも登場しており、短期間でムダ毛を薄くすることができます。
痛みはエステレベル、またはそれ未満に抑えられているので、副作用が発生する可能性も低いでしょう。
永久脱毛を受けて痛いと感じる場合は刺激を受けている証拠であり、副作用も起こりやすいと考えられます。
痛くない脱毛を提供しているクリニックの特徴は、最新の脱毛器を導入していることです。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛をした後にワキ汗が気になると言う口コミもありますが、大半は勘違いであることが多くなっています。元々あった毛がなくなったことにより汗が吸われなくなり、汗が増えているように感じることがあるからです。
ワキガなどの場合には、毛穴を閉じるような施術で治ることもありますが、脱毛と関係していることではありません。
元々汗が出ていたものであり、永久脱毛をしたからと言って副作用が起きると言うことではないのです。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

いったんツルツルになればその状態を長期維持できる永久脱毛。そんな永久脱毛で肌トラブルが起こることもあります。これはレーザーが毛母細胞を焼いてムダ毛を処理するという仕組みが原因です。
具体的に起こり得る肌トラブルとして乾燥、赤み、火傷などがあげられます。これらはレーザーの熱が肌に作用して起こる現象です。レーザーの強さを調整することでこういった肌トラブルは防げます。そのためにはカウンセリングでのコミュニケーションが大事です。特に敏感肌やアトピー肌の方の方は、カウンセリング時にその旨をしっかりと伝えておくことです。それによって医師が施術の可否を判断しますし、レーザーを調整して肌トラブルがないようにもできるのです。

永久脱毛 松山 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です